マネー・節約

【家計管理】貯蓄口座にイオン銀行を選んだ3つの理由

【家計管理】貯蓄口座にイオン銀行を選んだ3つの理由-アイキャッチ

前回、銀行口座の断捨離をして管理をラクにする!という計画を書きました。

今回は関連して、なぜ口座の断捨離を目標としたにもかかわらず、イオン銀行に新規口座を開設したのかを書いてみます。

 

簡単な条件で金利0.1%は魅力的すぎる!

私が持っていた口座のうち、2口座は貯蓄目的の口座でした。

▼こちらは銀行口座断捨離の計画図

銀行口座断捨離の計画図

ひとつは結婚前から自分で貯めていたもの、もうひとつは一昨年ほど前に母から貰ったもの。

母からというのは、実家にいた頃に私が実家に入れていた(と思っていた)お金と、さらに母が少しずつ、私(のいつかするであろう出産)のためにと貯めていてくれたものでした。

突然渡されたのですが、パートの給与の中から貯めていてくれたのかと思うと、驚いたと同時に胸が熱くなりました(T_T)

そちらはもらったその時のままゆうちょ口座に入れっぱなしだったのですが、自分の貯蓄と併せておこうと考えました。

となると、気になるのは「金利」

定期にしても金利なんてつかないのと同じレベルになってしまったいま、どうやって置いておくのがいいだろうとぼんやり考え始めました。

そんな時に知ったのが、イオン銀行の普通預金金利が0.1%になるという、驚きの事実!

私が偶然訪れたサイトを改めて見つけることができなかったのですが、「イオン銀行 金利」などで検索すると、たぁ~くさんヒットします。

たとえばこちらとか。

ものすごくざっくり説明すると、

  1. イオン銀行に口座を所有
  2. 【クレジットカード・イオン銀行キャッシュカード・電子マネーWAON】の3機能を併せ持つイオンカードセレクトを持つ

の2つをクリアするだけで、イオン銀行の普通預金金利が0.1%になる!

というもの。

もともとイオンカードは持っていたし、そのカードの種類を変更するだけで金利が0.1%になるならこれはいい!と思いました。

 

無料で使えるATMが多く、その対象にゆうちょ銀行ATMが含まれているのが魅力

イオン銀行はその名の通り、イオンショッピングモール内に銀行があります。ですので当然、街中には店舗がないです。

ところが、無料でつかえる他行ATMが多いのも決め手になりました。

とはいえ都銀はあまりない田舎なのでアレですが、とにかくゆうちょ銀行ATMが無料なのがいい!

しかも東海地方で多いコンビニ・ファミマでは、ゆうちょ銀行ATMを置いている店舗がとても多いので、これまた便利!

しかもしかも、すでに検討を開始していた住信SBIネット銀行もゆうちょ銀行ATMで入出金できるので、さらに便利度が上がります。

20180130_1.png
▲画像引用:ATM |イオン銀行

 

店舗があるので安心できる

20180130_2.PNG
▲画像引用;イオン銀行のメリット |イオン銀行

イオン銀行の金利0.1%を知った後、他にそういう銀行がないか調べてみたところ、楽天銀行が条件付きで同じく0.1%の金利になるみたいでした。

ですが、楽天銀行の場合は店舗がない。

まだまだネットバンクに慣れていない年代ですので(30代後半差し掛かりつつある…)、やはり店舗がある方が安心できるのですよねぇ。対面で話せるのってやはり心強い。

それを思うと、イオン銀行に軍配が上がりました^^

 

さっそく口座開設&イオンカードセレクトに切り替え

ということで、何もデメリットはないと判断し、さっそく金利0.1%にするために動きました。イオン銀行の新規口座開設と、イオンカードをイオンカードセレクトに切り替えるのです。

どちらもイオンのページからあっさり完了。カードも数日で届きました。

その後、すっかり忘れている暗証番号の確認のため、ゆうちょ銀行ATMを使って1,000円預入してすぐさま1,000円引出すという実験を経て(笑)、めでたくイオン銀行口座と、1.0%の金利を手にしたのでした。

あとは2口座からお金を移動して貯蓄口座の完成です!

 

投資という方法を選ばなかった理由

お金の使い方に詳しい人なら、「なぜ置いておける金があるなら投資をしないのだ!」なんて思われるのかもしれません。確かにそれも少しだけ考えました。

ですが結局投資を選ばなかったのは、その辺りに全く詳しくない私が、焦って意味も分からず手を出すものじゃないと思ったからです。

今は数千円から始めると銘打った投資の本が人気なのは知っているのですが、それらを読んで実行しようという気も起きませんでした。

知識もなく覚える熱意もないものには、手を出したくない。

というのが、怠け者かつ興味のあることにしか情熱を注げない私の性質なのでした。

 

まとめ

ということでまとめ。
イオン銀行を新規口座開設までして貯蓄口座に選んだ理由はこの3つでした。

  1. イオンカードセレクトへの切替えだけで金利が0.1%になる
  2. 多くの他行ATMが無料で使えるので便利(特にゆうちょATM)
  3. 店舗があり対面で話すことができる

口座に置いてあるだけの貯蓄があり、私のように投資に廻す気がない方には、イオン銀行の金利0.1%は魅力あると思いますよ~!

 

予算別の持ち歩きは薄型財布が最適-アイキャッチ
【家計の現金小分け管理】予算別の持ち歩きは、薄型財布が最適でした。現金で管理する家計費用は、小分けして管理しています。 いわゆる「袋管理」を経て「袋+専用財布管理」に変貌を遂げました。 今回は、...