ファッション

制服の冬支度。チュチュアンナのなめらかマットタイツをまとめ買いしたのでレビュー!

私はオフィス内で事務仕事しているのですが、制服が支給されています。

制服を冬服に変えて間もなくすると、冬の定番、黒タイツが活躍します。

今回はそのタイツに関する話など。

 

黒タイツ、今までは厚さで使い分け&着圧タイプだった

末端冷え性な私は、黒タイツも時期によって80デニールと120デニールを使い分けしていました。ところが数年前から、あまりの足先の寒さに耐えかね、オフィス内(ボロなので全然保温性がない)では、黒のレッグウォーマーを重ねるようになってしまいました。

そうなってくるともう、80だろうが120だろうが大差がなくなってきます。

ということは、今後は2種類も買う必要がないような気がしてきました。

洗濯して引き出しに戻す度、種類別に収納場所を変える面倒くささよ!

それから解放されるなら、レッグウォーマーでもなんでも重ねましょうぞ。

そしてもうひとつ。

今までは着圧タイプを使っていたのですが、それもやめようと思いました。

なぜなら、坐骨神経痛の私には、太ももあたりを締められると痛みが出やすいから!

▼私と座骨神経痛の戦いについてはこちらをどうぞ。

www.rintoyawaku.com

いくら脚が細く見えるとはいえ、痛みに耐えてまで細く見せたい時期はとうに過ぎた。となるとここはもう、快適性を求めるしかないわけです。

制服用タイツに求めるものは、耐久性とマットな黒さ

仕事用のタイツに求めるのは、耐久性とマットな黒さ

私の場合、制服に色気は無用なので、透けないほうがいいし、ギラつくのは嫌=マットなのがいいのです。

さらに、品質。

以前は値段にばかり気を取られ、3足入りや、下手したら5足入りのものを買っていたのですが、そいうのは洗濯するたびにどんどん劣化して、いかにも安物!といった感じのみずぼらしくなってしまうのです。

なので、数足入りの安いのではなく、ちゃんと1足ずつ売っているものにして、ワンシーズン穿き倒すつもりでいます。

雑誌LDKでベストバイだった優秀タイツ

私の要望を満たし且つ、安物買いの銭失いにならなさそうなタイツを見つけました。いや、教えてもらえました。

誰に教えてもらったかといいますと、雑誌・LDKさん

誌面でタイツの比較をしていて、その中でこのタイツが、ムラのない綺麗な黒膝も透けない厚みと、ベスト商品に選ばれていました。

このLDKと兄弟誌MONOQLOをすっかり信じている私ですので、店舗で確認したわけでもないのに、ネットショップでまとめ買いしちゃいました。

ばばーん。

洗濯して乾かなくても焦ることのないよう、1日1足として、5足まとめ買い!

(これは今までと同じ。単なるものぐさ女ですね)

それでは、レビューしますよー。

なめらかマットタイツのレビュー

厚みと肌触り

厚みは80デニールと思えないほどしっかりしてます。

これ、下手したら安物の120デニールより厚いかも。

そして、私の小さな手で目いっぱい広げるとこんな感じ。

透ける気配なし。

試しに、両手でもびよーんと伸ばしてみたのですが、やはり透けなかったです。すごいですね。やはり、ちゃんとした値段のモノはつくりも布地もちゃんとしてます。

肌触りも名前に偽りなし!の滑らかさ。

すばらしいと思います。

まだタイツを穿くには早いので、もう少しクローゼットで待機してもらいますが、これはしっかりワンシーズン活躍してくれそうです。

本当はコットンタイツがほしい

ただでさえ乾燥する冬の肌にとって、本来ならば化繊はあまりよくないのは自覚しています。私の場合、日によってかゆくなってしまうこともあるぐらいなのですよね~。

だから本当ならば、コットンタイツがほしい。ファルケのとか・・・。

でも、コットンタイツってどうしてもほんわか雰囲気がでる質感で、さすがに制服に合わせるにはどうかなって思ってしまうのです。

(レッグウォーマーまで穿いといて何言ってんだって感じですが)

あとは、消耗品として出せる金額ではないのです(・・;)

ということで、日々足の保湿を頑張ることで化繊でいきますよ、私。