音楽

『NakamuraEmi』を中津川ソーラー武道館2018で観た

NakamuraEmi-中津川ソーラー2018-アイキャッチ

今年も参戦した中津川ソーラー武道館2018。

まいとし夫婦そろって楽しみにしているフェスですが、昨年はNakamuraEmiという大切な大切なアーティストと出会わせてれました。
そしてフェス以降、NakamuraEmiのライブにはいくつか足を運んでいます。

【フェス】中津川ソーラー武道館2017|私的ベストステージはNakamuraEmi
【フェス】中津川ソーラー武道館2017|私的ベストステージはNakamuraEmi9月23日&24日、地元・岐阜で開催された、中津川THE SOLAR BUDOKAN 2017に行ってきました。 2014年からず...
NakamuraEmiのライブ&フェス3公演の感想|2018年 冬~夏-アイキャッチ
やっぱり最高!NakamuraEmiのライブ&フェス3公演の感想|2018年 冬~夏昨年の中津川フェス(中津川ソーラー武道館)で、NakamuraEmiのファンになりました。 そしてその直後、地元FM局のイベントに行っ...

今年もそんなNakamuraEmiがラインナップされていて、ものすごく楽しみにしていました。

フェス全体の感想(レポ)も書きたいのですが、まずはNakamuraEmiだけの感想を、あの瞬間のあのライブの感動を、言葉にしておきたいと思いました。

 

NakamuraEmiを中津川ソーラー武道館2018で観た

フェス2日目、9月23日。

この日のNakamuraEmi(以降、我が家でのあだ名「えみーご」で書かせてもらいますw)は、14:40に昨年と同じREALIZEステージでのライブです。

ですがわたしは知っている!!!

こるり
こるり
彼女のステージ、本番前のサウンドチェックがめちゃくちゃ楽しいんだよね♪

ってことで、サウンドチェック狙いで早めにステージへ向かう。

ちょうど前の出演アーティスト(Creepy Nuts)の最後の曲が終わった時間。
超満員だった観客がゾロゾロ溢れて出来るのに逆らって、いそいでステージ前へ。それでも2列目だった。ちくしょう!

なんとかステージ向かって右手を押さえられたので、良しとする。
右手側はカワムラさんの位置なので、ギタープレイの手元が観れて楽しいのである。

 

サウンドチェック

ステージには器材入れ替えのため、プロデューサー兼ギターのカワムラヒロシさんが現れる。今回はドラムも加わってのステージなので、ドラマー・片山タカズミさんの姿も。

ステージど真ん中最前列は、いかつい(そしてデカイ)おにーちゃん3人組がいました。
みんなわたしと同年代といった雰囲気で、えみーごのツアーグッズ「かかってこいよTシャツ」着用。

なお、我ら夫婦も同Tシャツを購入しており、夫に至っては着用、わたしはツアータオルを手にしていました。

器材の位置も定まって、カワムラさんと片山さんが各々チューニング・セッティングを始めると、前列集団(つまり完全なるえみーごファンたち)がざわざわし始める。

そう。いつサウンドチェックが始まるのかと、待ちきれなくなるのだ(笑)。
そしてふいに訪れるあの瞬間。

 「ヒロシィーーーーーー!!! 」

えみーごライブでお決まりの、野太い(つまり男性の声)の「ヒロシコール」。1人が声を挙げると、あちこちで野太いヒロシコールが巻き起こる。

いやぁ、これぞえみーごライブの裏名物ですよ(爆)!もちろん、わが夫もヒロシコールに加わります(ヒロシファンだしね)。

カワムラさんの苦笑いを経て始まる、ギターとドラムの軽いセッション。いや、もしかして何かの曲?(示し合わせているのか否かが全く分からない奔放さがある)

すでに手拍子を始める前列集団。
そしてカワムラさんのOKの合図を受けて、ソデに控えていたえみーご(NakamuraEmi)登場!

大声援を受けて唄い出したのはいつもの「今夜はブギー・バック」!
詰めかけた観客は一気に大歓声!

そうこれ!これこれ!
昨年はこれで一気にミソジーズの心を鷲掴みにしたのよ(笑)。

去年までは、【今夜はブギー・バック、真夏の果実】がサウンドチェックの定番だったけど、今年はサウンドチェックに新曲がっっ!!!←どないやねんww

【今夜はブギー・バック、やさしい気持ち、ここでキスして、SWEET 19 BLUES】である!SWEET 19 BLUESの合間には「安室ちゃん、お疲れ様でした!」なんて挟みながら。

そうだよね!そうだよね!
同年代だもん。安室ちゃん聞いてきた青春だもんね!わかるぅぅ~~!!

ああもう!もう!すでに!!サウンドチェックでめちゃくちゃ楽しんだけど!!

全部ジャズアレンジかかってっし!カッコいいし!これもちろん、カワムラさんの仕業でしょ!ニクイィィ!!!!!

なんて突如始まった熱狂の中、サウンドチェックは終了した。
これから始まる本番に期待は高まるばかりなり。

この、本番前のちょっとした緊張感と、本番じゃないからこその力の抜け具合が合わさった、ゆるめでグルーヴ感満載のサウンドチェック、本当に好き。好きすぎる。

こるり
こるり
ワンマンでもやってほしいっ!

 

そして本番

楽しすぎるサウンドチェックの後、改めて本番スタート!
とりあえず、セットリストを。

【セットリスト】

  1. YAMABIKO
  2. 大人の言うことを聞け
  3. かかってこいよ
  4. スケボーマン
  5. 新聞
  6. 痛ぇ(←新曲!)
  7. モチベーション

 

今回はのっけから「YAMABIKO」、しかもドラムありでリズムもさらによくてノリノリ!サビのシンガロング“オーオーオーオー”も大盛り上がり!

「大人の言うことを聞け」では、大の大人たちが声を張り上げて“大人の言うことを聞け!”と叫び、「かかってこいよ」ではステージのえみーごから挑まれるようなそしてこちらからも挑むような“かかってこいよ!!!”の応酬。

こるり
こるり
なんかもうね、もうね、たのしぃぃぃぃ~~!
夫くん
夫くん
ヒロシ最高!酒がすすむ~!

えみーごの小さな体のどこからこんな声が出るんだってくらいの声量と圧倒的な存在感、そして歌詞に込めた思いを、唄いながらお立ち台に上って身振り手振りで訴えてくる。

ホントにこの歌手、すごい。
この爆発的なエネルギーとまっすぐな気持ちと、自分とそして観客への真摯さ。ひとつの嘘もない。なんの陰りもない。

 

アップテンポノリノリ楽曲の次は、「絶対に30代の心に突き刺さってくるでしょ!」な曲「スケボーマン」。わたしは昨年ここで初めて聴いて、静かに号泣したよ…。

こるり
こるり
昨年から何度も生で聴いていたけど、やっぱだめ。聴くたびに泣く。

「スケボーマン」も「新聞」も、いままで大歓声だった観客が、じっとえみーごを見つめて聞き入ってるのが分かった。誰かが涙を拭うのが視界の端に見えた。

 

スローナンバー2曲を終えた大きな拍手の中、なんと次は新曲。

えみーごがいままでさんざん「デビューのきっかけをくれた恩人」と言い続けてきた、“竹原ピストル”さん。彼に向けて作ったという前置きをした曲のタイトルは「痛ぇ」。

いかにも竹原さんが使いそうな言葉だと、クスリとしてしまう。
歌詞にも「ピストル」「撃ち抜かれた」といった、竹原ピストルを連想する言葉がちりばめられていた。(初見なので、歌詞の記憶は曖昧ですが…)

わたしが「NakamuraEmi」を初めて聞いて心を撃ち抜かれるほどの衝撃を受けたように、涙が止まらなかったように。それと同じようにえみーごも、「竹原ピストル」と出会ったことで人生が変わるほどの衝撃を受けたんだと、この新曲を聞いて感じました。

そっかぁ。音楽ってそうやって、多くの人の人生を少しずつ、時には全く違う方向へ変えていく力を持っているんだよね。もっかいしっかり聴きたいなぁ~。。。。

 

などと、新曲に思いを馳せながら聞いた後は、「モチベーション」!

ノリノリなバンドの音に合わせてラップ調で“わたし次第だった”と繰り返すこの曲も、やっぱり心に突き刺さるんだよねぇ~。

間奏部分でカワムラさんと片山さんのセッションもあり、そこもまた大盛り上がり!えみーごは後ろに下がって、タンバリン叩いたり、自分のスマホで写真撮ってたり(笑)。

自分の大好きな人たち、お世話になっている人たちの凄いところ見てほしい!聞いてほしい!!ていう気持ちからなんだと思うけれど、3月のツアーの時からこのソロorセッションパートがあるんだよね~。

なんかそういうところも含めて、この「NakamuraEmi」チームのいい雰囲気が感じられてうれしい!

そんな大盛り上がりな最後の後は、これまたツアーの時からの定番「みんなで撮影会」が!まさかここでもやるとは~((´∀`*))

 

セトリの曲、iTunes貼るから聞いてほしい!

今回のステージは曲数にしたらほんの7曲。だけどすっっごい楽しい時間だった。

てことで、ほんと「NakamuraEmi」を布教したいので、セトリ曲のiTunes貼るから聞いてほしい!
あ~……布教が成功すると、ライブチケット取れなくなるな(;’∀’)

もうさ、 ▷再生  押すだけで聴けるからさ!聴いてよ!
(「痛ぇ」ない!申し訳ない!)

YAMABIKO

大人の言うことを聞け 

かかってこいよ

スケボーマン

新聞

モチベーション

 

さ~、次は

に行きますよ~!

夫婦そろって、えみーごの追っかけじゃーーーいヾ(●´▽`●)ノ

己の魂を唄うシンガーソングライター・NakamuraEmiの魅力と私のおすすめ曲5選!
己の魂を唄うシンガーソングライター・NakamuraEmiの魅力と私のおすすめ曲5選!中津川のフェスでわたし的ベストステージだと書いた、NakamuraEmi。 https://www.rintoyawaku.com...