身体づくり・身体の健康

ホットヨガスタジオ「loIve(ロイブ)」で手ぶら体験した感想・口コミ

ロイブ手ぶら体験-アイキャッチ

先日、予てより興味を持っていたホットヨガの体験に行って来ました!

ホットヨガスタジオはいくつかありますが、自宅から1番近くに店舗のあるloIve(ロイブ)にしました。

体験後は入会したのですが、今回は、手ぶら体験の感想を書いてみます。
自分自身が体験前に知りたかったこと・不安に思っていたことを主とし、全体的なことをお伝えしたいと思います。

なお、施設内の撮影はしておりませんので、当投稿内で使用している画像は、loIve(ロイブ)公式サイトからの引用または、Instagram公式アカウントの埋め込み画像です。

こるり
こるり
前提条件として、わたしはこんな人です。

注:この投稿では、ヨガおよびホットヨガについての説明などは省かせていただきます。口コミにあたり必要な場合は、文章内で説明いたします。

 

loIve(ロイブ)ってどんなホットヨガスタジオなの?

loIve(ロイブ)がどんなホットヨガスタジオなのか、特徴は以下の通り。

  1. 女性専用のスタジオ
    男性共用の他スタジオなどもあるのですが、ロイブは女性のみ!
  2. 電気サウナストーブで、一定の室温・湿度を維持
    スタジオ内は、室温38℃・湿度65%の汗が出やすい環境です。
  3. プログラムが多彩
    初心者から上級者まで、体調やレベルに合わせて様々なプログラム(レッスン)を選ぶことができます。季節限定などもあり。
  4. 女性が設計したカフェのような内装
    店舗ごとに違いはありますが、どの店舗も木目基調でカフェのような内装です。
  5. パウダールームにはアメニティー完備
    ドライヤー・クレンジング・化粧水・乳液・コットン・綿棒・ティッシュを完備!

 

View this post on Instagram

 

ホットヨガスタジオ loIve(ロイブ)さん(@hotyoga_loive)がシェアした投稿

ではでは、こんなロイブの体験口コミ、いきますよ~!

 

体験は申込はネットで簡単&手ぶらでOK

今回申し込んだのは、「手ぶら体験」というもの。予約はネットから簡単にできます。(もちろん店舗への電話でも可能)

体験申込ページから、

  1. 店舗
  2. 日時
  3. 受けたいコース(レッスン)

を選んで申し込むだけ!
氏名・生年月日・電話番号・メールアドレスの入力で、住所などの詳細な情報は必要ありませんでした。

loIve(ロイブ) 手ぶらで体験申込ページはこちら

また、手ぶら体験という名のとおり、ホットヨガに必要な最低限のものは、無料で貸出してくれます(以下5点)。

  1. ウェア上下
    わたしが行った店舗では、トップスはカップ付レーサーバックタンクトップ、ボトムスは膝丈パンツでした。どちらも吸湿速乾素材ではなく普通の服。
  2. フェイス用タオル:レッスン中の汗ふき用
  3. バスタオル:レッスン後のシャワー用
  4. 水:550mlペットボトル2本
  5. ヨガマット(とマットの上にのせるバスタオル)
    スタジオ内に準備していただいている状態だったので、自分に渡されることはなく、片付けもしてくださいました

自分で持っていくものは、シャワーを浴びるならば以下のもの。

  1. 下着
  2. シャンプー、洗顔剤など
  3. スキンケア用品
  4. メイク用品

わたしは、ユニクロのエアリズムブラトップを着用していったので、トップスは自前のまま参加しました。

着替えの時間がギリギリだったのと、周りをみると上半身を露にして着替えている人がいなくて、抵抗があったためです。

こるり
こるり
周りにいるのはこのスタジオに通っている方々なので、トップスは既に着用した状態で来店しているのですよね。ブラトップを着て行って正解でした!



体験当日の流れ

体験当日の流れは以下のとおり。(店舗により異なる可能性があります)

  1. 申し込みをしたレッスンの20分前に店舗へ行き、事前説明・施設案内と着替え
  2. レッスン(60分)
  3. 感想のヒアリングと入会意思の確認
  4. シャワー・着替え
  5. (入会する場合)入会手続きと、直近2ヶ月分の支払い

では、それぞれを説明します。

【レッスン前】申し込んだレッスンの20分前に店舗へ

事前の説明、施設の案内・説明、着替えなどがあるため、体験予約をしたレッスンの開始20分前には、店舗へ行くようにします。
申込時の確認メールにも、持ち物の案内と併せて同様の案内が書かれています。

こるり
こるり
個人的には、20分だとギリギリに感じました。着替えなど焦りたくなければ、30分前でもいいかもしれません。

到着するとまず、アンケート的な内容と個人情報の記入をする用紙を渡されます。記入後は、

  • loIve(ロイブ)について
  • 受けるレッスンについて
  • 入会する場合の料金について

などの説明を受けます。
この時点で入会勧誘などはありませんでした。

その後、ウェア・タオル・水を準備していただき施設内へ。ロッカー、シャワールーム、パウダールームの場所と使用説明など受けます。

ひと通り案内していただいたら、着替えてスタンバイ!

 

いざ、レッスン開始

着替えて水を持ちスタッフさんと一緒にスタジオ内(ヨガを行う部屋)へ。

インストラクターさんの目の前に、わたし用のヨガマット(マットの上にはタオルが敷いてある)が準備されていました。その場所に座り、開始時間を待ちます。

時間になったら、レッスン開始!
初めてのホットヨガで緊張していましたが、開始してすぐに集中することができました。

こるり
こるり
イントストラクターさんの目の前なので、始終気にしてくださっているのがわかり、初めてでも安心してレッスンを受けることができました。

 

View this post on Instagram

 

ホットヨガスタジオ loIve(ロイブ)さん(@hotyoga_loive)がシェアした投稿

 

【レッスン後】感想ヒアリングと、入会の意思確認

レッスン終了後は、周りの皆さんがさっと退室されていく中で、その場に残るようイントラさんに言われました。

微妙に褒められたり(笑)、感想のヒアリングをされたりしつつ、入会の意思を問われます。

入会しない場合はキッパリ断ってしまえばOKですし、もしも悩んでいるなら、「着替え終わるまで少し考えたい」などと伝えるのもアリかもしれないですね。

わたしは入会することにしたので、シャワー・着替えのあとに入会手続きをする旨伝えられ、スタジオを退室しました。

こるり
こるり
スタジオ内に残されることに不安を感じたのですが(強烈な勧誘がある!?など)、後に通うようになってわかりました!
ロッカー・シャワー周りはレッスンが終了した人でごった返すし、フロント付近のテーブルがある場所に汗まみれで行くのはよくないし…ってことだったのだな、と、納得です。

 

入会手続きなど

シャワーを浴び着替え、軽くスキンケアとメイクをした後は、入会手続きを行いました。

  1. 申込(契約)書類の記入
  2. 規約の説明
  3. レッスンの予約・キャンセル方法等の説明
  4. 直近ヶ月分の月額料金の支払い
  5. 3ヶ月目以降の料金振替口座の書類記入

説明は丁寧ですし、ひとつの説明が終わるたびに「分からないことはないですか?」と聞いてくださるので、安心して進めることができました。

これで体験は終了です。

loIve(ロイブ) 手ぶらで体験申込ページはこちら



体験してみることで、不安だった3点が解消できた

ヨガ経験者とはいえ、負荷の軽いものしか行ったことがなく、さらに室温の高い環境ということで、不安点はありました。

ですが、体験したことでそれが解消できました。

 

サウナ・ミストサウナ・岩盤浴が苦手でも大丈夫

ホットヨガの体験をしようとしているのに何それ?って感じですが、わたし、サウナもミストサウナも岩盤浴も苦手です!暑さと湿度の相乗効果で喉が焼け付くように感じて、ものすごく息苦しくなるんですよね…。

そんなわたしが、ホットヨガの室温と湿度に耐えられるのか、とても不安でした。

結果、大丈夫でした!

事前に調べ、ロイブは室温38℃・湿度65%だと知っていましたが、数字だけわかっても…って感じですもんね。やはり体験してみて良かったです。

初めてスタジオに入った瞬間はムワッと熱気を感じ、思わず「あつっ…」と呟いてしまいましたが、慣れてしまえば案外平気で、じっくりレッスンに集中できました。

わたしは運動で汗をかきにくいのですが、初ホットヨガなのに恥ずかしくなるぐらいに汗をかきました!ダラッダラです!ここまで汗を流すと、めちゃくちゃ爽快っ!

下の表は室温・湿度の一覧です。

施設室温湿度
ロイブ38℃65%
サウナ(フィンランドサウナ)70~95℃5~25%
ミストサウナ40~47℃90~100%
岩盤浴(ヒーリングサウナ)40~55℃40~75%

※上記の数値は、株式会社BSAさまのこちらのページより引用

 

体が硬くても&筋力なくても大丈夫

わたしが体験したはスタンダード60という、強度3(ちょうど中間)の基本レッスンです。立って行うポーズと、座って行うポーズが半々ほどで、よほど運動が苦手な方でなければ大丈夫かな、という感じでした。

やや難易度の高い片足立ちになる時や、柔軟性が必要になる時には、インストラクターさんが、できない人はこうしましょう、深めたい(もっとできる)人はこうしましょう と声掛けをしてくださり、「絶対にこうしなければいけない!」という進め方ではないので、安心です。

▼コブラのポーズ、レッスンに組み込まれていました!

 

View this post on Instagram

 

ホットヨガスタジオ loIve(ロイブ)さん(@hotyoga_loive)がシェアした投稿

 

水分補給のタイミングはインストラクターが指示してくれる

もうひとつ不安だったのは、水を飲むタイミングはどうなってるの?ということ。体験ではお水を計1,100mlも準備してくださいますが、それを飲むのがいつなのかというね。

で、どうかというと。
水分補給のタイミングは、インストラクターさんが教えてくれます!

アーサナの合間に「お水を飲みましょう」と言ってくださいます。なのでその時に、ぐいっと!汗を拭くのもそのタイミングが、アーサナの流れとしてもベストかな。

ちなみに、ヨガマットの前方に水とタオルを置くのが暗黙のルールみたいです(みなさんそうしていた)。



施設設備、店舗の雰囲気について

レッスンはもちろんですが、施設設備、客層やその雰囲気などもしっかり確認しておきたいポイントですよね!

 

スタジオ内はヨガに集中できる環境

レッスン中の室内は基本的にやや薄暗く、ヒーリングミュージックが流れており、周りを気にせず集中できる環境が作られていると感じました。

インストラクターさんのマット付近に照明のコントローラーがあり、立位のアーサナの時は危なくないよう明るくするなど、コントロールしてくださいます。

また、スタジオ内では私語が禁止されているため集中できますし、死語禁止のおかげで友人がおらずとも気になりません。

さらに、室内前方は全面が鏡になっていて、先頭列に行けば自分のポーズを確認することができるのもいいです。(下図参照)

ロイブ自由が丘店のスタジオ内の画像

画像引用元:ホットヨガスタジオ loIve(ロイブ)

なお、ヨガマットはテープを貼った位置に置くように指定されているため、一定の間隔を保てるのが安心でした。

下図は、どこかのスタジオのレッスン終了時の様子。マットが前後左右とも一定の間隔を保って置かれているのがわかります。

 

View this post on Instagram

 

ホットヨガスタジオ loIve(ロイブ)さん(@hotyoga_loive)がシェアした投稿

さらに、レッスンが終わるたびに

  • ヨガマットは使用した人が都度アルコール除菌して拭く
    ヨガマットは店舗にあるものを使用。そのマットの上にタオルを被せて使うスタイル
  • 全員退室後、スタッフさんによるスタジオ床清掃

という過程を経ているため、清潔さが維持されていると感じます。

 

ロッカールーム、シャワールーム、パウダールーム共に清潔

大切なことですよね。どのスペースもちゃんと清潔でした!

受付時に使用するロッカーの鍵をランダムに渡されるので、渡された番号のロッカーを使うといった感じ。下の画像のように、上下に分かれた縦長タイプのロッカーです。

ロイブ自由が丘店のロッカールームの画像

画像引用元:ホットヨガスタジオ loIve(ロイブ)

使用するロッカーが他の方と隣接してしまうこともありますが、自分で選べないのでそこはお互い様。お互いに気を遣い合っているのがわかるので、不快感はないですし、特に不便も感じません。

わたしが行ったのは全体面積が小さい店舗で、どのスペースもやや窮屈感はありましたが、そこまで気にならなかったのでOKと判断しました。

 

インストラクターさん・スタッフさんがにこやかで優しく、店舗の雰囲気がいい

これは恐らく偶然ではないと思うのですが、インストラクターさん・スタッフさんがみなさん可愛いor綺麗!さらにみなさん揃ってにこやかだし美肌、そして優しい。そしてスタイルもいい!

やはりインストラクターさんの素敵なスタイルは通う方たちのモチベーションアップにつながりますし、スタッフさんがにこやかで優しいことで、店舗内の雰囲気も良くなりますよね。大切!

きっとロイブはそういう研修・教育もされているのだろうなぁと感じました(他店舗行っていないので、想像ではありますが)。

 

View this post on Instagram

 

ホットヨガスタジオ loIve(ロイブ)さん(@hotyoga_loive)がシェアした投稿

 

意外と年齢高めの客層だった

これはわたしが行った店舗の話なので、全てに当てはまるわけではないのですが、一応書いておきますね。

恐らく行った店舗の立地環境に起因していて、行ったのがGWの10連休中だったのも要因だと思うのですが…、予想以上に年齢層が高めでした。見た感じ50代~60代の方々がね、結構いるんですよ。驚きです!

ロイブの店舗外観・内装のイメージから、自分磨き系キラキラ女子が多いと思っていたので、これはかなり親近感持ちました!

そんな大お姉様方が、セパレートのカラフルなウェアを着て元気にヨガしているの、すごくいいです!こちらもいらぬ虚勢をはってスカす必要なくて、すんごくラクでした。

こるり
こるり
実は入会を決めたのは、この施設の雰囲気のラクさが一番大きいです♡



体験当日に入会することにしました

冒頭でも述べましたが、体験をしてみたらものすごく楽しくて、入会することにしました!

体験当日の入会で、

  • 入会金 1,000円(税込)
  • 手数料 5,075円(税込)

が無料になるので、入会するつもりの方にはかなりお得。

ですので、体験する時は、”キッパリ断る強さを持つ”or”不安点がクリアされれば入会する”という意識で臨んだ方が良いと思います。

こるり
こるり
体験前から、当日に入会するのが一番オトクなのはわかっていたので、吟味する部分をハッキリ意識してジャッジする心持で臨みました。

 

契約したのはデイタイム会員(キャンペーン価格)

契約したコースは、「昼割キャンペーン」で安くなっていた、デイタイム会員15時スタートまでのレッスン通い放題の会員価格が、3か月間半額になるというキャンペーンでした。

※ロイブの価格設定は、地域や店舗によって異なります。ここでは、わたしが体験に行った店舗の価格で説明します。

・デイタイム会員
通常価格9,100円(税込 9,828円/月)→ 4,550円(税込 4,914円/月)

つまり、3か月間で 14,742円 という、まあこれなら…という価格です。昼割キャンペーンでの入会は3か月継続が必須で、以降は退会可能とのこと。

このキャンペーン、公式ページ内での店舗実施キャンペーン情報には掲載されておらず、体験コース申込ページで案内されていたのは、

・フルタイム会員
通常価格10,800円(税込 11,664円/月)→ 2,700円(税込 2,916円/月)

という超絶お得キャンペーンだけ。
このキャンペーン、値段に浮かれずにしっかり注意書きを見ると、

  • 3か月間の特別価格が終了後、通常価格で5ヶ月間の継続が必要
  • 6か月目よりプラン変更可能

という縛りがあるのですよね。
つまり、6か月目から最安コース(8,316円/月)に変更するとしても、

・2,916円×3か月=8,748円(これで特別価格3か月)
・11,664円×2か月=23,328円(これで通常価格2か月経過)
・8,316円×3か月=24,948円(これで通常価格5か月完了)

計:57,024円

という高額かつ、8か月という長期契約に!

これでは気軽に契約できないと判断していたので、ひとまず体験だけしてみて入会は断るつもりでいました。ところが、前述の昼割キャンペーンを案内され、( ゚Д゚)!!!!となり、入会を決めてしまいました(笑)。

なお、水素水が飲み放題になるオプションなども案内されます。必要なければ、そこもキッパリ断ってしまいましょう。

わたしの場合、3か月間で1,000円という特別価格を提示されたので(通常は1,000円/月)、水を用意する面倒くささなど考えるとアリかなと思い、申し込みました。

アルミボトル(500ml)をいただいたのですが、1レッスンで1リットル弱は必要なのでそのボトルは使用せず、自宅にあったナルゲン Tritanの1.0ℓボトルを使用しています。

 

loIve(ロイブ)の手ぶらヨガ体験について まとめ

長々と書いてしまいましたが、確実に言えるのは、体験に行ってみて良かったです!

入会したからでしょ?と思われるかもしれませんが、条件をクリアしていなかったらキッパリ断るつもりだったので(そういうの得意!)、贔屓目ではないです。

こるり
こるり
興味を持ったら体験してみるのが一番ですよね!

わたしのように、興味はあるけど不安な点があるという方はもちろんですし、フィットネスジム以外での運動の場が欲しい方や、汗をダラダラ流すのが至福♡という方にもお勧めです!

▼キャンペーン詳細、店舗検索はこちらのページから^^

ホットヨガスタジオ loIve(ロイブ)

SHIHO loves YOGA ~おうちヨガ~-アイキャッチ
やっぱりヨガは気持ちいい!『SHIHO loves YOGA ~おうちヨガ~』初めてヨガの本を買いました。 ヨガは市の講座で定期的に行っていますが、本を買ったのは初めて。 というのも、講座の先生...