家電・ガジェット

ドコモ契約から格安SIMスマホ+2円維持ガラケーにしました@2015年夏

格安SIMスマホ+2円維持ガラケー-アイキャッチ

現在持っているスマホの動作が遅く感じるようになってきて(3年使用)、そろそろ交換したい。そこで、購入候補機種の検討を開始。

その前に、約1年前のMVNOに変更したときの記録を残しておこうと思います。

ちなみに私は携帯およびスマホ、そしてそれらの格安契約・維持については全く知識はありませんでした。
そんな無知な人が悪戦苦闘して、安い維持にたどり着いた話です。

 

現在の契約

まず、色々説明する前に、最終的に着地した現在の契約はこちら。

  1. スマホ(データ通信専用)|格安SIM(DMM mobile)/データSIMプラン:2GB
  2. ガラケー(通話専用)|au/プランZシンプル

いわゆる2台持ちです。

そして料金は、ガラケーの通話時間にもよりますが、合計1,000円未満

約1年前、ドコモの2年縛りから開放される

当時持っていたスマホは、ドコモ契約のものでした。機種はSH-04E

20160330_1.jpg

▲SH-04E

いわゆる2年縛りが終わる頃、下記の選択肢がありました。

①ドコモで契約続行
  ⇒ 割引サービスが終了するから、月々の料金が高くなる

②MNPする
  ⇒また新しく本体を購入して、本体+料金を支払わなくてはいけない

様々な方法、様々な機種を検討したのですが、機種に対するこだわりがないにも関わらず、どの方法・機種にしても料金は高いまま。決めるに決められなかったのです。

機種にこだわりのない私が求める、スマホ使用目的や環境は以下のとおり。

スマホに求めること

  • 自分の手に大きすぎないサイズ(私の手は小さい)
  • 使い方がわかりやすこと(故に、海外製は避けたい)
  • カメラ機能がよいこと(必須ではない)

使用実態

  • 外出中はあまりネットに繋がない、動画も見ない(月に2GB未満の使用状況)
  • 在宅時は自宅Wi-Fiに繋いでいる(なので無料)
  • 在宅時は、Wi-FiタイプのiPadを使用している(自宅でスマホ使わない)
  • 通話はほとんど使用しない(もう何のための携帯かわからない)
  • よく携帯するのを忘れる(もう持っている意味がない)

考えれば考えるほど、わたしにスマホ、てゆーか携帯電話というものが必要ないよね!?という思いに駆られる始末!しかしまあ、現代社会に生きるものとしては携帯がないと不便なので、一応持ち続ける方向で。

でもこんな使用実態なのに、月々10,000円近くの料金を払うのはバカらしい。

そもそも、キャリアはなんで継続契約者にまったく優しくしないのか。そりゃもうみんな2年ごとに3キャリアを行ったり来たりするだけで、1つのキャリアにとどまらねーよね!

あ、話がそれましたね。続けます。

 

そんな私に、第3の選択肢が。それは格安SIM!!

格安SIM(いわゆるMVNO)がまだ世間に浸透しきっていなかった頃でしたので、周りには契約している人はいませんでした。

それでも、外出先でネットに繋ぐことがあまりない、しかも繋いだとしても特に速度にこだわらない(そんな大急ぎで見たいものなんてない)という私にとっては、十分すぎる気がしました。

MVNOとは

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」、日本語では「仮想移動体サービス事業者」を指します。携帯電話回線などの無線通信基盤を他の通信事業者から借り受け、独自のサービスをくわえて提供する企業のことです。その多くが携帯電話会社との直接契約よりも割安なモバイル通信サービスであることから、MVNOという言葉は「格安SIM」という意味合いで利用されています。

引用先:「MVNO」とは – いまさら聞けないスマートフォン用語 | マイナビニュース

すでに挑戦している先駆者たちのブログや口コミを嫌になるほど読み、そのメリット・デメリットを理解したうえで、これで行こう!と思えました。

現在持っている機種をそのまま利用するとすれば、ドコモ回線を使用している会社である必要がありますが、その中で選んだのはDMM mobileでした。
(MVNOの様々な比較ができるサイトも多数あります。コチラなど参考にどうぞ)

DMM mobile

しかしそこで新たな問題が。
データSIMプランと、音声通話プランがあったのです。

 

音声通話、つけるか否か・・・と思ったらガラケー浮上!

夫に相談してみたところ、まさかのガラケーにMNPが浮上。

いわゆる2円維持といわれるものができるのであれば、DMM mobileはデータSIMプランで問題ないという話になりました。

そこで2円維持可能機種と契約場所を探したところ、自宅からそう遠くない家電量販店でできるとの情報をゲット!急いで契約に行ったのです。

2円維持についてはこちらで
▷ auの2円携帯『GRATINA2(グラティーナ2)』をお得に入手する方法 | ぱぱたす(PaPa+)

契約時はもう色々面倒なやり取りがあった記憶があり、ハッキリ覚えていないので、覚えていることだけを書き出してみます。

  1. ドコモからauにMNP
  2. 契約したのは某家電量販店の窓口
  3. 機種はGRATINA2
  4. 夫と共に2台同時MNPで、家電量販店のポイント2万円分ゲット
  5. 他社のスマホ下取り1台ごとに1万円の値引き
    ⇒ 2台持込んで2人分の機種代チャラ
  6. 月割りで基本使用料がチャラ
    ⇒ 残るのがユニバーサルサービス料の2円のみ
  7. 契約時はEZ WIN契約が必須
    ⇒ 翌日にEZ WIN解約

とまあ、上記のようなことをした結果、2円維持ができるように!!

こるり
こるり
ちなみに、夫はドコモ2回線契約で、通話専用とデータ通信専用の2台持ちをしていました。どうやってそうしたのかは全く不明ですが。なので、その通話専用の方を、私と一緒にMNPしてくれたのです。

ガラケー契約で通話がで可能になったので、DMMはデータSIMにすることが可能になりました。ちょうどGWに突入する直前でしたが、ネットでDMM mobileの契約手続きを行ったのです。

 

最後に

ひとまず、MVNOに移行成功の記録でした。

あー、疲れた。苦手な分野は疲れますね(T_T)

次回は、DMM mobileの契約手続きと料金のこともしくは、機種変したいと目論んでいるものの比較などしたいと思います。